• ボトックス注射で憧れの小顔に近づこう

    顔の輪郭は、他人に与える印象を左右するものです。

    たとえばエラが目立っていて頬がふっくらしていれば顔が大きいという印象を与えますが、エラはほとんど目立たず頬がシュッとしていれば小顔に見えることが多いです。



    このようなエラが大きくなるのは、たいていが筋肉の発達が関係しているとされています。



    食事などで物をよく噛んだり奥歯を噛みしめたりする習慣がある人は、自分では気づかないうちに筋肉を活性化させ強くしているわけです。



    この場合は、普段の習慣を見直すだけで小さくすることは難しいですが、ボトックス注射を利用すれば簡単に変化させられる可能性は高いです。

    注入する成分には、活発に動いている筋肉の働きを弱めて動きを鈍くする効果が期待できるからです。
    ボトックス注射を受けたあと徐々に成分が効きだしてくると、見た目にも分かるくらい頬の線が変化してきます。

    大きくふくらんでいたところが次第に引き締まり、シャープになってくるのでエラもいつしか目立たなくなっていくのです。


    その後はボトックス注射の成分は体内へと少しずつ吸収されていきますが、小顔の状態を長く持続させることができます。

    注入する成分量によっても持続期間は変わってくるので、少なければ4ヶ月弱しか保てないとはいえ、注入量が多ければ半年程度は持続します。大がかりな手術とは違い気軽に受けられる方法ということと、傷跡が残らないということなどが支持され、エラの大きさで悩む人たちからとても人気があります。