• 目元のたるみ治療には、上まぶたの脂肪取りがおすすめ

    顔は加齢によるたるみの症状がでやすい部分ですが、特に皮膚が薄い上まぶたはたるみが目立つ場所です。たるんで腫れぼったくなった目は顔の印象が老けて見えるので、若々しく見られたいと思う人はたるみ治療を行うようにしましょう。
    たるみを改善する効果のある化粧水や美容クリーム、サプリメントなど市販で手に入るものは多くありますが、効果的にたるみを改善したいのなら美容クリックでのたるみ治療を受けることをおすすめします。



    ヒアルロン酸の注入、糸を使ったリフトアップ、レーザーによる照射など皮膚を切開しないで受けられる治療がありますが、半永久的に効果を持続したいと希望するのならメスを使った外科手術を選ぶようにします。目元の外科手術によるたるみ治療は、上まぶたの脂肪取りと呼ばれる方法で行われます。上まぶたの脂肪取りは上まぶたのラインにメスで切り込みを入れ、余分な脂肪を取り除いていきます。
    脂肪が取り除かれることでスッキリとした、シャープな印象も目元にすることが可能です。


    上まぶたがたるんでいるタイプの人には向いている手術であり、手術時間も短く済むので仕事が忙しい状況の方でも無理なく受けられます。

    手術後は手術当日から3日間程度の間は激しい運動は避ける必要がありますが、普通の生活であれば制限がないので仕事復帰も翌日から可能です。



    腫れもすぐに引きますので、翌日から仕事に復帰したとしても周囲の人に悟られる恐れはありません。